Googleアカウントの取得・作成・登録方法!図解で分かりやすく解説

今回は、Googleアカウントの作成(取得、登録)方法についてご説明いたします。

Googleのサービスを利用するためには、最初に必要な作業です。

ここでは、アカウント作成と同時にGmailアドレスを取得する方法について、
順を追って解説します。

 

まずは下記より、Googleアカウント作成画面へアクセスしてください。

 Googleアカウント作成画面

 

accounts1

 

上図のような画面になると思いますので、必要事項を入力していきます。

 

accounts2

 

[名前]の欄には、ご自身の「姓」「名」を正しく入力してください。

 

[ユーザー名を選択]の欄には、任意の半角英数字を入力します。

ここで入力した「ユーザー名」は、Gmailアドレスにも反映されます。

例えばこのブログの「watabonslab」で作成すると、

Gmailアドレスは「watabonslab@gmail.com」となります。

 

そしてGoogleアカウントのユーザー名も「watabonslab@gmail.com」となります。

この「ユーザー名」は、アカウント取得後の変更はできませんので要注意です。

 

[パスワードを作成]の欄には、ログイン時に必要な任意のパスワードを入力します。

セキュリティー対策のためにも、容易に割り出されない長めのパスワードがおすすめです。

 

accounts3

 

[生年月日]は、西暦で正しく入力してください。

Googleアカウントは13歳未満の利用を制限しています。
原則として、生年月日はアカウント取得後に修正ができません。

 

[性別]は、プルダウンメニューから選択します。

 

[携帯電話]の欄には、「+81」の後からスペースを空けずに入力します。

 

[現在のメールアドレス]の欄には、Googleアカウントからの通知を受け取るための、普段使っているメールアドレスを入力すると良いでしょう。

 

入力した内容に間違いがなければ、右下の「次のステップ」をクリックします。

 

accounts4

 

上のような「プライバシーと利用規約」が表示されますので、右端のボタンにカーソルを合わせてからドラックします。

 

すると最下部の[同意する]ボタンが青色に変わりますので、クリックしてください。

 

 

accounts5

 

このような画面になって、アカウントの作成が完了します。

※「次へ」をクリックすると、次のようなアカウント情報画面が表示されます。
※ この画面には、いつでもアクセス可能です。

 

accounts6

 

先ほどの「現在のメールアドレス」に、「Gmailアドレスを作成しました」という通知が送られていると思います。

 

これでいったん作業は完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。