プロフィール ~はじめましての皆さんへ~

 

 

こんにちは♪ ”わたぼん” と申します。

 

現在、インターネットビジネスだけを生業に暮らしている独身の中年オヤジです。

精神年齢は永遠の17歳ですが・・・。

 

僕が目下、皆さんにおすすめしているのが、トレンドブログをはじめとするブログの収益化というビジネスモデルです。

 

収益の基になるのは、Googleアドセンスを軸に、楽天アフィリエイト、アマゾンアソシエイト、そして各種ASPです。

 

どうしてブログなのか・・・?

それは、これまでの七転八倒の経験から、次のような結論に至ったからです。

 

  • 誰が取り組んでも結果を出しやすい
  • 資産として残すことができる
  • すべてのインターネットビジネスに応用できる

 

これら3点を兼ね備えたビジネスモデルは、ブログだけだ!

 

ブログの運営はどのビジネスモデルを実践するにも必要となるものです。

そしてブログにはアクセスを集めないことには始まりません。

 

そのテクニックを習得しながら、なおかつ稼ぐことも実感できるという、とても合理的かつシンプルな手法がこれなんですね。

 

しかも、収益の軸となるアドセンス広告は、アクセスの要となる検索エンジンを牛耳るGoogleが自ら提供しているサービスです。

 

これほど盤石な収入源もほかのビジネスモデルには見当たりません。

 

言ってみれば、

“すべてのインターネットビジネスに共通した、もっとも重要なノウハウを、稼ぎを実感しながら習得できるビジネス手法”

それがブログなんです。

 

アクセスを集めるための原理原則を知った今、僕はこのノウハウを使って生計を立てることに成功しています。

 

そして、このノウハウを広めながら、「誰にも雇われずに自由に生きる」という未来の実現に向けて、同じ思いで取り組んでいる皆さんのお手伝いをすることが喜びであります。

 

そんな僕の切なくも微笑ましい(?)これまでの歩み・・・

よろしかったらお読みくださいませ♪

 

 

2013年から本格的に取り組み始め、紆余曲折を経て今に至ります。

当初はネット検索で知り得る情報だけを頼りに、

持ち前の好奇心と夢中になりやすい性格を武器にして続けて参りました。

 

しかし経験を重ねるたびに知識は身に付くものの、

肝心の稼ぎについては今ひとつという状況でした。

 

そんなほぼ自己流の手法に限界を感じた僕は、

アドセンス広告を主力にしたブログ収益に的を絞ってみることにしたんです。

ある1人のメンター(指導者)の力を借りて・・・。

 

それからは目からウロコの連続、結果は目覚ましいものでした。

わずか半年余りで、実績として誇れる収益も突破し、

1記事の投稿だけで冗談のようなアクセスも経験できました。

 

image20160705

 

個人の力だけではここまでスムーズな成長は望めなかったでしょう。

ずいぶん遠回りをしてしまったなぁ~、というのが正直な心境です。

 

不思議なもので、ひとつの収益化が軌道に乗ると、

以前仕込んであったASPからの収益も伸び始め、次第に安定した状況になっていきました。

ま、「自己流の遠回り」も、ただの無駄ではなかったようです・・・(苦笑)

 

さて、僕が社会人としての生活に見切りをつけたきっかけは、

ひたすら束縛される生き方に人間として疑問を感じたからにほかなりません。

 

以下、そんな僕の半生をつづってみました。

少々長いですが、よろしければお読みいただけると嬉しく思います♪

 

社畜生活から抜け出し雇われずに生きていく人生へ♪

需要がないのに売り込む営業

僕は17年間に渡り、映画業界の末端企業で営業マンとして働いていました。

仕事の内容は、テレビ放映用の映画を地方のテレビ局に売るというもの・・・。

 

地方局と言っても東京支社が銀座周辺に固まっていたし、

行動範囲の狭いルートセールスです。

 

営業と言っても必要とされる分野だから、

定期的に作品リストを提出する程度で成立してしまうゆるい環境でした。

 

入社した当時はバブルの全盛期に差しかかる頃でしたし、仕事も楽ちん・・・。

「いい仕事に就けたなぁ~♪」

なんて、のん気に構えていたものです。

 

ところがバブルが崩壊し、テレビ局が経費削減に乗り出し、

タイムテーブルの穴埋め程度に考えられていた映画の放送枠は急激に減っていきます。

お金を出して映画など買うより、テレビショッピングでも放送した方が利益になるからです。

 

気がつけば、あれほど存在した深夜の映画枠は皆無となり、

せいぜい夏季休暇中や年末年始にポツポツ発生するくらいのものでした。

 

それでも毎月のノルマに追われる僕は、放送する枠も持たないテレビ局を相手に営業したり、

徐々に拡大しつつあった衛星放送をターゲットにするしかありませんでした。

 

俺にも守るべきものがある

会社は何度も傾き、その度に親会社に助けてもらい、

社長も3人交代するような状況でした。

営業部は僕と上司、そしてなぜか新しく採用した若者の3人・・・。

 

新しく親会社から送り込まれてきた社長は話のわかる人間ではなく、

売上の上がらない僕や新人に対してあからさまに冷遇します。

 

上司はと言うと、僕が目を付けていた衛星放送へ何の相談もなく出向いており、

勝手に自分が担当になることでなんとか売り上げを確保していました。

 

そんなある日、酒の席で僕は上司に詰め寄りました。

唯一安定的な売り上げを期待できる衛星放送を独り占めしている上司に、

納得ができなかったからです。

 

管理職なんだから、2人の部下に現場を任せてくれれば良かったんです。

ところが上司は、自身も社長から査定されており、

ノルマを課せられていると言うんです。

 

「俺にも守るべきもの(家族)がある・・・」

と声を絞り出し、部下にも担当を譲るわけには行かないと・・・。

 

パニック障害を発症

結局、毎月毎月、根拠のない金額をノルマにされ、

映画を放送しようにもそのための枠さえないテレビ局に無駄足を運ぶヤケクソの日々・・・。

 

そうした状況を説明しても聞く耳を持とうとしない社長・・・。

何の打開策も話し合えないし、おそらく社長は僕や新人を辞めさせたかったんだろうと想像します。

 

そんな生活が続いたある休日の朝、僕は原因不明の発作に襲われました。

過呼吸、視界のゆがみ、手足のしびれ、精神と肉体の乖離感・・・。

自分の身に何が起きたのかもわからないまま、思わずベランダに飛び出してうずくまりました。

その間、ほんの10分程度ではありましたが、

これまでに味わったことのない苦痛と恐怖でした。

 

そこからは、この原因不明の発作との格闘の日々・・・。

通勤電車の中、会議中、商談中、楽しいはずの友人や彼女と過ごすひとときetc…

今この瞬間に、あの発作が起きてしまったら!?

そう思えば思うほど、精神的に危うい状態に陥ります。

 

後日、営業先でたまたま耳にした心療内科で診てもらうと、

パニック障害だと診断されました。

原因はまさしく会社環境からのストレス・・・。

パキシルとトレドミン、そして発作の兆候があった際に服用するソラナックスという薬を処方されました。

そして僕は、そこから2年ほど我慢したのち、辞表を提出したのです。

症状はかなり治まったものの、通院は今でも続いています・・・。

 

“自分の棚卸し”をしてごらん

年齢的にも転職が難しいと思われた中、

僕はひょんな縁から大手派遣会社にコーディネーターとして採用されます。

 

仕事は大変だったけど、実に有意義な5年間を過ごすことができました。

そう、5年間・・・。

 

有意義と感じながらも、着実にストレスは蓄積されていたみたいで、

意に反して抑うつ状態となり、もの忘れがひどくなるといった、

これまでの自分では理解できない症状が現れました。

かかりつけの医師からは、適応障害の可能性をほのめかされました。

 

仕事上でも冗談のようなミスを連発し、

「これはもう限界だな・・・」

と感じていたある日のことでした。

とても良くしてくれた派遣先クライアントの部長さんが、

「きみ、会社を辞めるつもりと違うかい?」

と指摘してきたんです。

驚きました。

内容は忘れましたが、会話をする過程で悟られたんでしょう。

 

僕は思い切って、これまでの経緯を赤裸々に語りました。

すると部長さんはこう言ったんです。

「自分自身の棚卸しをしてみるといいよ」

と・・・。

今の自分に何ができて、

何をするべきで、何をしたいのかが見えてくるって言うんです。

 

僕はその晩、その助言に素直に従い、自分を見つめ直してみました。

年齢もさることながら、今の状態では再就職は難しい・・・

仮に新しい会社に勤めたとしても同じことの繰り返しだろうと考えました。

 

メンターとの出会い

僕にとっての生きる道について考えたとき、

もはや誰かに雇われて生計を立てることは不可能だと感じました。

そんなときに頭に浮かんだのが、

数年前に耳にしたインターネットビジネスのことです。

 

当時はそれほど深く興味を覚えたわけではなかったし、

自分には無理だと思ってスルーしていたものです。

しかし、現状を見るにつけ、チャレンジしない手はないと考えるようになりました。

 

ネット検索で情報をかき集め、良いと言われる教材を購入し、

わけも分からぬままブログを量産したりと、ほぼ自己流で行動しました。

 

ネット転売、アフィリエイト、そしてアドセンス・・・

いろいろと実践しました。

でも結果は鳴かず飛ばず・・・。

 

当初は、あれこれと幅広いジャンルに手を伸ばし過ぎたため、

作業成果が分散したことがいけなかったと考えました。

しかし気づいたんです・・・

独学では補えない何かがある、ということに・・・。

 

とにかく僕はそれなりの実績を作りたいと思っていました。

それもできる限り早いうちにです。

そして、これまでの経験からでしょうか、直感で、

アドセンスによる収益を狙うことが最も近道だと感じたんです。

 

ただし、自己流の限界を悟ってもいた僕は、

たまたま巡り合った1人のメンターに教えてもらう決断をしました。

 

最初の1カ月で手ごたえをつかみ、

月を追うごとに収益は3万、5万、7万と増えていきました。

 

ノウハウを手探りで確立するより、すでに知っている人から教えてもらう方が、

何倍、いや何十倍も効率的だということを実感しました。

 

しかも教わる内容は、とても自分1人では気づけないくらい密度の濃いものでしたし、

毎日が新しい発見の連続です。

 

そして目標を達成した今の僕は、次の新たなステップへと踏み出しています。

幸いなことに、インターネットビジネスを始めた当初、

独学で得た経験や知識が役に立つことも知りました。

苦労は無駄ではなかったんですね。

 

そのようなわけで、

ほかの稼いでいる方々と比べても実に遠回りしてしまった僕ですが、

その分、このブログを通じて皆さんにお伝えできることが多分にあると自負しています。

 

これまで紆余曲折し、ずいぶんと時間を無駄にしてきた僕ですが、

ようやく胸を張って語れるノウハウを手に入れることができました♪

 

以前の僕のように、社会生活からのストレスに苦しみ、

社畜同然の人間味のない暮らしから脱したい!

そう思っている方が大勢いることを知っています。

 

そんな方々が束縛から解放され、

自分らしい生き方を手に入れるためのお手伝いができれば幸いです。

 

2016年9月吉日  わたぼん