クラシックエディタが2022以降もサポート延長へ!【WordPress】

 

お久しぶりです。わたぼんです!

今日は、記事と言うより、ちょっとした情報共有です。

 

WordPressのクラシックエディタが、2021年までとしていたサポート期間を更に延長することを決めたそうです。

 

Classic Editor は公式な WordPress プラグインであり、少なくとも2022年まで、または必要なくなるまでの間、完全にサポート・保守されます。

 

これはもう、古くからのWordPressユーザーにとっては朗報でしかないでしょうね。

私も本気でホッとしました♪

 

「Gutenberg(グーテンベルク)、練習しなくちゃなぁ~・・・」

なんて、正直凹んでたところですからね。

 

どうやら、「グーテンベルク」開発の裏には、「Wix」などのドラッグ&ドロップ型ホームページ作成ツールが世界中に広がり始めたことがあったようです。

 

つまり、ライバルの台頭に危機感を覚えた運営サイドが、

「今のままのエディターじゃヤバい!」

なんて思ったことが、迷走の始まりだったんでしょう。

 

ホームページビルダーなんかもそうですが、ビジュアル的にページを構築できる機能って、一見すると自由度が高そうに感じます。

でも、昔気質の私なんかからすれば、かえって使いにくいんですよね・・・。

 

2020年末の段階で、WordPressユーザーの8割以上が旧エディターを使っているという調査結果がありました。

「こんな状況なのに、強引に新エディターにシフトできるのかな?」

と、今の日本政府を見ているかのような不安を覚えていたので、まずは一安心です♪

 

多くの有識者の方々が、

「このままじゃWordPressが新興勢力に埋もれちゃう・・・」

と危惧していたようなので、今回WordPress本来の持ち味を保つ方向に舵を切ったのは、大正解だったと思います。

 

これまで世界中のエンジニアやクリエイターから支持されてきたWordPressのことです。

新しいツールが出てきたくらいで揺らぐような牙城ではないのだから、焦って新興勢力と足並みを揃える必要なんてないはず・・・。

 

そりゃまぁ、今のような古いタイプのエディターは、いずれ姿を消すことにはなるのでしょう。

でも、「今は勘弁して!」と思っていた私にとって、今回の決断は万歳三唱級の出来事だったのでした。

 

めでたしめでたし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。