XML Sitemapsで検索エンジン用のサイトマップの送信設定をする方法

こんにちは。わたぼんです。

 

ここでは、運営しているブログのGoogle検索エンジン用のサイトマップを送信する設定方法を解説します。

 

これは、検索エンジンに対して、

「このブログにはこんなコンテンツが掲載されているよ」

と、あらためて報告するためのもので、とても重要なものです。

 

知人と話をしていたら、この設定をしていない人が意外に多いことが分かったので、ぜひとも見直していただきたいと思います。

 

事前に「Google Search Console(ウェブマスターツール)」への登録が必要です。

未登録の場合は、下記を参考にしてください。

 

 

この作業には、「Google XML Sitemaps」というプラグインを利用します。

まだインストールしていない場合は、インストール&有効化を完了してください。

 

WordPressダッシュボードの左サイドメニューから、

[プラグイン]⇒[新規追加]

と進んで、右上検索窓に「Google XML Sitemaps」と入力すれば、下記のプラグインが表示されます。

 

右上の[今すぐインストール]をクリックすると[有効化]という表示になるので、これをまたクリックすれば導入できます。

 

 

「XML Sitemaps」の設定方法

WordPress管理画面のメニューから、

[設定]⇒[XML-Sitemaps]をクリックします。

 

 

■「基本的な設定」

下記のようにチェックが入っていることを確認してください。

空欄になっていたらクリックしてチェックを入れましょう。

 

 

■「Additional Pages」は無視してOKです。

 

その下の「投稿の優先順位」で、

『優先順位を自動的に計算しない』のボタンをクリックして有効化します。

 

 

■「Sitemap コンテンツ」

下記のようにチェックを入れておきましょう。

 

 

■「Change Frequencies」

プルダウンボタンで下記のように設定すれば無難だと思います。

 

 

■「優先順位の設定(priority)」

下記のように設定すれば問題ないでしょう。

 

 

ここまで完了したら、画面左下の[設定を更新]
忘れずにクリックしておきましょう。

 

 

「Search Console」の設定方法

■Search Consoleにアクセスします。

トップページの自分のブログをクリックし、次の画面の「現在のステータス」から、[サイトマップ]をクリックします。

 

 

次の画面の右上[サイトマップの追加/テスト]をクリックします。

 

 

WordPressの「XML Sitemap」設定画面に戻り、

左上の「あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL:」から、下図の青い部分に該当する箇所をコピーします。

 

 

これを、Search Consoleの下図の部分にペーストして、[送信]をクリックします。

 

 

下図のように表示されるので、「ページを更新する」をクリックします。

 

 

下図のように表示されれば完了です。

 

 

しばらく待つと、次のようなグラフが表示されるようになるはずです。

 

 

以上で、検索エンジン用のサイトマップの送信設定が完了しました。

お疲れ様でした♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。