Googleアナリティクスでブログ内のクリック数を計測する方法

 

こんにちは。わたぼんです。

 

今回は、Googleアナリティクスを利用して、自分のブログやホームページ上でクリックされた数や、資料やプレゼントがダウンロードされた数を計測する方法をご紹介します。

 

この記事は、細かい理屈を抜きにして、とにかく簡単に実装したい! という方のために書いてみました。

僕にもできた簡単な方法なので、とりあえず真似してみてください。

 

はじめに・・・

WordPressでクリック数を計測する場合、次のようなプラグインが出回っています。

 

「WP Google Analytics Events」

「Slimstat Analytics」

「Google Analytics for WordPress by MonsterInsights 」

 

さらには、「Redirection」というプラグインを使って、裏ワザ的に計測する方法もあるようです。

 

でも、どれも最終アップデートが古かったり、設定方法がイマイチよく分からなかったりで悩んじゃいました。

 

で、結局のところ一番簡単で信頼できそうな方法が、今回ご紹介する方法じゃないかなぁ~、と判断した次第であります。

 

【前提条件】事前に必要な設定

この方法を使うには、以下の前提条件が必須となります。

 

・Googleアナリティクスに登録している

・WEBサイトに「トラッキングID」を記述している

 

これらについては、下記の記事が参考になるかと思います。

 

 

実装は簡単!リンクタグにコードを付け加えるだけ

それでは具体的な方法について解説していきます。

とても簡単で、クリック数を計測したいリンクタグに、下記のコードを付け加えるだけなんです。

※ 付け加え方は後述♪

 

 

このコード内に「send」「event」「category」「action」「label」「value」という記述がありますが、これらについて簡単に説明しますね。

それぞれの意味は次のよう感じになります。

 

send ・・・・・アナリティクスに情報を送るよ(変更不可)

event ・・・・・既定のアクションが起きたことを伝えるよ(変更不可)

category ・・・こういうカテゴリに属する情報だよ

action ・・・・カウントしたいアクションはこれだよ

label ・・・・・さらに細かい分類はこうだよ

value ・・・・・カウントの単位はこうだよ(省略可)

 

例えば、実際に僕が作ったコードは次のような感じです。

 

どういう意味かって言うと、自分が後で、次のように見分けられるようにしたんです。

 

category ⇒ 「lp」LP(ランディングページ)に設置しているよ

action ⇒ 「click」クリックされたらカウントしてね

label ⇒ 「button」リンクはテキストじゃなくてボタン画像だよ

value ⇒ 面倒くさいので省略!

 

ちなみに、「nonInteraction」というのは直帰率を計算するように指示するタグです。

あっても損はないので、イジらなくて良いと思います。

 

さて、作ったコードを実際にリンクタグに付け加えてみます。

 

元のリンクタグはこちら。

 

これに作ったコードを貼り付けたものがこちら。

「”リンク先URL”」の後は半角スペースをお忘れなく。

 

リンク先を別窓で表示させたいときは、

「 target=”_blank” rel=”noopener”」

を付け加えて次のような感じです。

 

これで計測用のコードが設置できました。

念のため、ちゃんとリンクボタンが稼働するかチェックしておきましょう。

 

Googleアナリティクスで計測結果を確認する方法

では、Googleアナリティクスにアクセスして、計測結果をチェックしてみましょう。

 

今日のアクションが結果に反映されるのは明日です。

時差があるから・・・ですかね?

 

 

左サイドメニューから、

[行動]⇒[イベント]⇒[概要]

と進みます。

 

すると、ページの最下部に、計測結果が表示されています。

 

 

「カテゴリ」「アクション」「ラベル」ごとに計測値が表示されていますね。

 

これで、チェックしたい項目(ほぼ「アクション」でしょうね)をクリックすると、お目当ての数値を確認できるというわけです。

 

良かったら試してみてください。

 

 

僕の場合、PDF資料やプレゼントのダウンロードについても、クリックすればすぐにダウンロードされる設定にしています。

なので、[クリック]=[ダウンロード]であると考えれば、

「action」 ⇒ 「download」

とでも記述しておくことで、おおよそのダウンロード数も計測できますよね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。