Googleアナリティクスのデータ保持!メールの意味と対処方法

 

こんにちは。わたぼんです!

 

2018年4月12日以降、Googleアナリティクスを利用している方々に、『Google Analytics』の差出人名で、

『[ご対応ください] Google アナリティクス データの保持と一般データ保護規則に関する重要なお知らせ』

という題名のメールが届いていると思います。

 

[ご対応ください] と言われても、何をどうすれば良いのか分からない方が多いんじゃないでしょうか。

 

そこで、僕のメルマガ読者の皆さんには周知したんですが、このブログでも対処方法を共有しておきたいと思います。

 

Googleアナリティクスのメールの意味は?

皆さんのところに届いたメールの本文は、次のような内容だったと思います。

 

これは4月12日付けのお知らせの翻訳版です。

Google アナリティクス管理者の皆様

Google ではこの 1 年間、2018 年 5 月 25 日に施行される新しいデータ保護法「一般データ保護規則」の要件を満たすための取り組みについてお伝えしてきました。本日は、Google アナリティクス データへの影響が予想される重要なサービス変更と、一般データ保護規則の施行に備えるための最新情報についてお知らせいたします。お客様のユーザーの拠点が欧州経済領域(EEA)以外の場合でも、このメールをお読みいただき、必要な対応を行っていただけますようお願いいたします。

サービスの更新情報

Google は本日、詳細な管理が可能なデータ保持設定を導入し、Google のサーバーに保存されているユーザーデータとイベントデータの保持期間を、お客様ご自身で管理していただけるようにいたしました。2018 年 5 月 25 日より、ユーザーデータとイベントデータはこの設定に即して保持されるようになり、ご指定の保持期間を過ぎたデータは、Google アナリティクスによって自動的に削除されます。なお、この設定は集計データに基づくレポートには影響しません。

必要なご対応: 上記のデータ保持設定をご確認のうえ、必要に応じてご変更ください。

5 月 25 日に先立って、Google は新たにユーザー削除ツールも導入いたします。このツールを使うと、個々のユーザー(サイトの訪問者など)に関連付けられたすべてのデータを、Google アナリティクスやアナリティクス 360 のプロパティから削除できます。この新ツールは、アナリティクスの Client-ID(Google アナリティクスの標準的なファーストパーティ Cookie)や、User ID(有効な場合)、App Instance ID(Firebase 向け Google アナリティクスをご利用の場合)に送られる一般的な識別子に基づいて自動的に機能します。詳細につきましては、まもなく Google Developers サイトでお知らせいたします。

Google は今後も従来と変わらず、お客様によるデータ保護を可能にする取り組みを続けてまいります。Google アナリティクスとアナリティクス 360 では、データの収集、使用、保持に関するさまざまな機能とポリシーを今後も提供し、お客様がご自身のデータを保護できるようにサポートいたします。たとえば、お客様の会社に固有の状況とアナリティクスの実装方法を踏まえて一般データ保護規則の影響を評価するうえで、カスタマイズ可能な Cookie 設定、プライバシーに関する設定、データ共有設定、アカウント閉鎖時のデータの削除、IP の匿名化といった機能がお役に立つ可能性がございます。

契約とユーザーの同意に関する更新内容

契約に関する変更

Google では昨年 8 月より、多くのサービスの契約条項を更新し、新しい法律の下での Google の立場をデータ処理業者またはデータ処理管理者のいずれかとして示しています(Google 広告サービスの全分類をご覧ください)。一般データ保護規則に関する新しい条項は、Google との現在の契約を補完するもので、2018 年 5 月 25 日に発効します。

Google アナリティクスとアナリティクス 360 のどちらにおいても、Google は各サービスで処理される個人データの処理業者としての役割を果たします。

  • 欧州経済領域以外で Google アナリティクスをご利用のお客様と、アナリティクス 360 をご利用のすべてのお客様は、各アカウントの管理画面([管理] ? [アカウント設定])でデータ処理規約の更新版の確認と、更新版への同意が可能になっております。
  • 欧州経済領域で Google アナリティクスをご利用のお客様は、データ処理規約の更新版がすでに契約に含まれております。
  • Google とデータ測定サービスの利用契約を交わされていない場合は、ご契約先にご相談ください。

EU ユーザーの同意ポリシーの更新

Google の広告向けの機能に関するポリシーの規定により、Google アナリティクスまたはアナリティクス 360 の広告向けの機能をご利用のお客様は Google の「EU ユーザーの同意ポリシー」を遵守していただく必要がございます。Google の「EU ユーザーの同意ポリシー」は現在更新中で、更新されると一般データ保護規則の新しい法的要件が反映されます。更新版では、欧州経済領域においてお客様のサイトやアプリを利用するエンドユーザーに情報を開示し、かかるエンドユーザーから同意を得ることについて、お客様の責任が明確に示されます。

必要なご対応: お客様が欧州経済領域を拠点とされていない場合でも、Google アナリティクスとアナリティクス 360 をご利用の際にお客様のビジネスが一般データ保護規則の適用を受けるかどうかについて、貴社の法務部門や顧問弁護士と相談することをご検討ください。そのうえで、データ処理規約の更新版の確認と同意、EU ユーザーの同意ポリシーに準拠するための行動計画の立案をご検討ください。

詳細

データに関する Google のプライバシー ポリシーと取り組みの詳細については、privacy.google.com/businesses でご確認いただけます。また、データ処理規約もご覧いただけます。

今後数週間、Google のプランに関する詳しい情報を引き続きお知らせしてまいります。また、必要に応じて関連するデベロッパー向けドキュメントやヘルプセンター記事を更新してまいります。

何卒よろしくお願い申し上げます。
Google アナリティクス チーム

 

相変わらず “丁寧すぎて分かりづらい” という感じの文章ですが、ざっくりまとめると、こういうこと(↓)みたいですね。

 

『2018年5月25日から、EUの一般データ保護規則の新しい法的要件に準拠する必要が生じたよ。

なのでGoogleは、ユーザーデータの取り扱いに変更を加えるよ。』

 

それによってどんな状況になるかと言うと、2018年5月25日になるとGoogleアナリティクスでは、

 

『ユーザーが設定した期間を過ぎると、自動的にユーザーやイベントデータが削除される、という機能が稼働を始めるよ。』

 

ということなんです。

 

僕らのブログのデータが消失・・・! それはえらいこっちゃ!

 

Googleアナリティクスのデータ保持を設定する方法

というわけで、何をどのように対処すれば良いのか解説していきます。

大丈夫♪ 1つのブログ(WEBサイト)だったら、1分で終わる作業ですから。

 

 

■まず、Googleアナリティクスにアクセスします。

 

■画面左下の[設定]アイコンをクリックします。

 

[トラッキング情報]からのプルダウンで、[データ保持]をクリックします。

 

 

 

「ユーザーデータとイベントデータの保持」の設定で、[自動的に期限切れにならない]を選択します。

 

[保存]をクリックします。

 

以上で完了です。

 

 

複数のブログを登録している場合には、ブログごと別々に、上記の作業をする必要があります。

Googleアナリティクス画面左上のメニューから、該当するブログを指定して、上記の作業を繰り返してください。

 

 

というわけで、ちょっと混乱させられちゃいましたが、まずはこれで一件落着です。

お疲れ様でした♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。