情報発信者のステップメール作法【想定編】メルマガ七転八倒②

 

こんにちは。わたぼんです。

 

今回は前回の記事の補足として、ステップメールを作成する際に事前に想定すべきことの中から、特に重要と思われることについて書き残しておきます。

 

あくまでも今回の僕のケースに沿った考え方なので、どこまで皆さんの参考になるかは分かりませんが・・・。

 

前回の記事↓でもけっこう触れているステップメールの準備について。

 

 

 

事前に決めておくべき想定の中でも、とくに重要なのが、

『読者の人物像(ペルソナ)』

であります。

 

今回僕が広げたいと思っているのは、ブログを使って稼ぐ手法と、その先にある各種ネットビジネスへの応用についてです。

 

それを目的としたメルマガを、どんな人たちを対象に読んでもらうのか・・・。

 

この判断によって目的の達成率どころか、読んでくれるか否かさえ変わってくるんですね。

 

顕在顧客と潜在顧客という考え方

マーケティングを語る中に、よく「顕在顧客」「潜在顧客」という言葉が登場します。

 

「顕在顧客」というのは、サービスや商品の存在をすでに知っていて、積極的に情報収集をしてくれる存在です。

 

「潜在顧客」というのは、サービスや商品のニーズがまだ顕在化していない存在です。

 

これを今回のステップメールの目的に当てはめてみると、次のようなイメージになります。

 

「顕在顧客」

トレンドブログ、アフィリエイトといったネットビジネス手法を知っている、あるいは実践している人。

情報収集に積極的ではあるけれど、目が肥えているためなかなか手ごわい存在。

 

「潜在顧客」

トレンドブログ、アフィリエイトを含めネットビジネス手法を知らない、あるいは、知ってはいるが漠然とした印象しかない。

潜在的に「今を変えたい」「もっと稼ぎたい」という欲求を持ちつつも、ネットビジネスへの関心はまだ薄い存在。

 

ここで、読者を集める(集客)という観点から考えてみると・・・

 

前者をターゲットにしようとすれば、おそらくライバル達と競合することになり、少ないパイの取り合いという状況になるでしょう。

 

後者をターゲットにするなら、イチから、初歩的な情報を提供する必要はあるものの、ずっと対象者の数は増えるはずです。

 

“副業”といったくくり方をすれば、集客の間口が広がってニーズを呼び込めることでしょう。

 

 

とは言え、「潜在顧客」を短期間でメルマガ読者にするのはなかなか至難の業であります。

 

ここはもう地道にブログやSNSを使って、「副業するならブログ♪」的な情報を広げつつ集客するしかありません。

 

なので、今回の僕のステップメールは、

・アドセンスブログ初心者

・思うように結果の出ていない実践者

という方々を対象にしようと考えました。

 

言ってみれば、「顕在顧客」と「潜在顧客」の中間層・・・。

 

ネットビジネスには興味があるけど、何から手をつければ良いのか迷っている、

トレンドブログを実践しているけど、「稼げる」と言えるほどのレベルではない、

 

といった方々です。

 

こういった方々なら、無料レポートスタンドから自作のマニュアルを配布して、共感してくれる人を集めるといった方法も使えます。

 

完全なる「潜在顧客」は、このブログに副業にまつわる情報をコツコツ投稿するなどして集客するとして・・・

僕は、とにかく今すぐステップメールの実践に取り組みたいと思ったのでした。

 

次回はメルマガの内容がどうあるべきか・・・?

ということについて、僕が学んだことをまとめていきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。