トレンドブログに楽天アフィリエイトを取り入れるべき理由とは?

 

こんにちは。わたぼんです。

 

今回は、トレンドブログを実践する中で、今や王道とも言える楽天アフィリエイトとの組み合わせ効果について解説します。

 

楽天アフィリエイトと聞いて、

「え、報酬1%じゃん!?」

なんて言ってスルーしている人にも、良い意味で “気づき” になると思います。

 

実際、バカにならない現実と、トレンドブログに取り入れるべき理由も明確(?)にしていきますよ♪

 

Googleアドセンスによる収益目安

Googleアドセンスによる収益額は、一般的に「10,000PVあたり3,000円前後」と言われています。

この収益額は、次の計算式に基づいて算出されています。

 

[PV数]×[クリック率(ページCTR)]×[広告単価(CPC)]

 

クリック率(ページCTR)の平均は、一般的に1%と言われています。

広告単価(CPC)の平均は、これまた一般的に30円程度と言われています。

 

すなわち、10,000PVあたり3,000円という基準額は、次のように算出されます。

 

[10,000PV]×[1%]×[30円]=[3,000円]

 

僕が運営するブログの状況から考えても、この基準額はまあまあ妥当なところだと思います。

 

「じゃあ、広告単価(CPC)の高い広告ってどんなの?」

なんて声が聞こえてきそうですが、通説では下記のようなジャンルだとされています。

 

  • 不動産関連
  • 美容関連
  • 保険関連
  • 金融関連
  • 転職求人関連

 

つまり、これらに関連する記事を集めれば、あるいは、これらに特化したブログを運営すれば、自動的に単価の高い広告が掲載されるというわけです。

 

ただこれは簡単な話じゃありません。

 

ライバルがうじゃうじゃ存在するばかりか、今後はより専門的な立場からの情報発信が優先されるようになりつつあるからです。

 

利便性を最優先に掲げるGoogleとしては、ズブの素人が気まぐれに発信する情報に、検索ユーザーが振り回されるような事態は避けたいですからね。

 

特に、人の健康や財産に影響を及ぼす可能性が高いジャンルについては、それなりに根拠のある知識と情報が求められる傾向です。

 

と、この話は今回の趣旨ではないので、この辺で切り上げて本題に戻ります。

 

とりあえず、Googleアドセンスの収益目安は、「10,000PVで3,000円ほど」ということを覚えておきましょう。

 

楽天アフィリエイトによる収益目安

それでは、今回のお題である楽天アフィリエイトによる収益目安について考えてみましょう。

 

楽天アフィリエイトの報酬は先述のとおり、ほとんどが1%です。

しかも、クリックされるだけでは報酬は生まれず、商品が購入されないことには始まりません。

 

僕の直近5ヶ月の集計によれば、クリック数に対する商品購入率は、何も工夫せずに広告を貼っただけでも7.8%程度です。

 

クリック率をアドセンス広告と同様の1%と仮定すると、10,000PVを集めた場合の楽天アフィリエイトによる収益額は、次の計算式で算出できそうです。

 

[PV数]×[クリック率(1%)]×[購入率(7.8%)]×[商品価格の1%]

 

例えば、3,000円の商品が売れたとすると次のような感じです。

 

[10,000PV]×[1%]×[7.8%]×[30円]=234円

 

「ショボい・・・」

と感じられることでしょうけれど、クリック率と購入率は、ブロガーの手腕によって大きく上げることが可能です。

 

僕の経験則でしかありませんが、おおよそ次のようなことが言えると思います。

 

 

クリック率

ライティングスキルを駆使して、30~70%まで引き上げることができる

 

購入率

ユーザーの検索意図を理解すれば、需要(購入率)の高い商品が見つけられる

 

 

広告のクリック率を上げるには、文章力によって読者に興味を持たせる必要があります。

 

「楽天でこんなに安いショップを見つけたよ」

などと言いながら、あえて値段を表示させない・・・なんていう常套手段もテクニックの1つですね。

 

購入率については、ページに訪れた読者が何を求めているのか理解することで、掲載する商品をマッチングできるはずです。

 

簡単な例を挙げると、テレビに出演した人気俳優が身につけていたアイテム。

 

「ブランド名 値段 購入方法」といったキーワードに誘われて訪れた読者なら、ある程度の購入意欲を持っているはずです。

 

そこに、ドンピシャリの商品の最安値の広告を掲載すれば、すぐに購入してくれる可能性は高いですよね。

 

 

また仮に、クリック率を30%に引き上げると、購入率が7.8%のままでも、先ほどの計算は大きく変化します。

 

[10,000PV]×[30%]×[7.8%]×[30円]=7,020円

 

10,000PVの内3,000回のクリックがあり、その内234人が購入してくれる計算です。

アドセンスが10,000PV当たり3,000円の収益であることを考えると、その倍以上の収益額です。

 

ま、こんな単純には行きませんけど・・・。

 

でも、もしこれが10,000円の商品だったら? 10万円の商品だったら?

値段が高ければ購入率も下がるでしょうけど、可能性はゼロではないですよね。

 

しかも、ご存知のとおり、楽天アフィリエイトには30日間というクッキーの有効期間があります。

そのお陰で、クリック率を上げるだけでも可能性は広がります。

 

もっと言えば、クリックしてもらうことだけを目的にしたって、確実に収益は上がるんです。

 

ブログにレバレッジを効かせて収益率を大幅にアップ!

これまでのお話で、楽天アフィリエイトを取り入れるメリットが、少しでも伝わっていたら良いのですが・・・。

 

トレンドブログの実践でよく言われる最初の壁、月収10万円。

アドセンスだけに頼ると、1日当たり10,000PVをコンスタントに集める必要があります。

 

でもここに楽天アフィリエイトを上手に組み込めば、作業効率も格段にアップします。

 

中にはアドセンスよりも楽天からの収益の方が多い、なんて人だって多いんです。

 

楽天アフィリエイトの狙い方は、ほぼトレンドブログの手法にマッチしていて、世間が注目している人や物にスポットを当てることです。

 

先日の平昌オリンピックで注目された、スノーボーダーやスケート選手が使用するアイテムが多く検索されたのも顕著な例ですね。

 

ほかにも、テレビ番組やSNS等を使って人気者の情報を集め、マッチした楽天広告を貼るだけで収益につなげることができます。

 

場合によっては、楽天の商品から需要のありそうなものを選び出して、その広告ありきで記事を書く・・・なんてパターンもアリだと思います。

 

というわけで、今後はアドセンスだけに頼らず、楽天アフィリエイト、更にはASP案件にも目を向けてキャッシュポイントを増やし、レバレッジの効いたブログを運営することが稼ぎへの近道になると思います。

 

ただし、アクセスを集める方法を理解していることが大前提なので、そこだけは絶えず意識して行きましょう。

 

アクセスを集めるための基本的な考え方については、僕のマニュアル『アクセス・ボンバー』内の、「実践編」および、「発展編01-【アクセス爆発の法則】“狙って”爆発を起こす方法と仕組み」が参考になると思います♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。