WordPressテーマ「ストーク」で句読点を文頭に表示しないカスタマイズ

 

WordPressを利用したブログで、記事本文の文頭に句読点が表示されてしまう場合の対処方法(カスタマイズ)についてご紹介します。

 

このブログもWordPressを利用して運営しているのですが、テーマ(テンプレート)はOPENCAGE「ストーク(STORK)」を使用しています。

 

デザイン性、カスタマイズ性に優れた素晴らしいテーマだと満足しております。

 

ところが、1点だけ問題がありました。

それは、記事本文の文頭に句読点(「、」や「。」)が表示されてしまうことです。

 

※ 今現在は、アップデートで改良されているかも・・・。

 

これって、文筆について知識のある方なら気になって仕方がない現象ですよねぇ~。

 

日本語で情報発信をしている以上、個人的にはこの現象は致命的と言っていい状況だと考えます。

 

そこで、ネット上を検索してみると、CSSのカスタマイズによって改善できることがわかりました。

 

でも、その手の作業に疎い僕としては、少々腰が引けてしまいます・・・。

 

過去に何度も失敗して、ダッシュボード(管理画面)にさえアクセスできなくなった経験があるからです。

 

 

そこで、OPENCAGEに状況を説明し、おすすめの改善方法がないか質問してみることにしました。

 

ありがたいことに、その日のうちに返信があり、スムーズに解決できたのでご紹介したいと思います。

 

 

★「ストーク」の子テーマを使用していることを前提にお話しします。

 

ダッシュボードのサイドバーより、

[外観]「CSS編集」と進み、

表示された画面のサイドバーの下の方にある「追加CSS」をクリックします。

 

そこへ、下記のコードを追記するだけなんです。

 

 

こんな感じです。

 

 

これによって、日本語の文章としてあってはならない、句読点や「」が文頭に表示されてしまうという現象を回避できるようになります。

 

文字数の関係で文頭に位置する状況になっても、その1文字手前で改行してくれるようになるんですね。

 

ちなみに上記のコード、

「テーマの編集」「style.css」への追記

という方法も試してみたんですが、これでは効果がありませんでした。

 

「ストーク」は「CSS編集」が優先される仕様になっているのかもしれません。

 

 

今回は僕が使用している「ストーク」での経験をご紹介しました。

 

もしかしたらOPENCAGEのほかのテーマ、「アルバトロス」「ハミングバード」も同じような仕様になっているかも・・・。

 

もし同じような現象にお悩みでしたら、試してみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。