2019年Googleキーワードプランナーの登録方法と基本的な使い方

 

こんにちは! わたぼんです。

 

特化型ブログの運営を始めるには、扱うジャンルやキーワードの選定が重要なポイントになります。

選定の判断基準として肝心なのが、「Google広告(旧Google AdWords)のサービスの1つである「キーワードプランナー」を使って検索ボリュームをチェックすることです。

ここでは、キーワードプランナーを使うための登録方法について解説して参ります。

 

Googleキーワードプランナー利用までの手順

キーワードプランナーを利用するには「Googleアカウント」が必要です。あなたがGmailアドレスを持っていれば既に登録されています。

もし、まだ持っていない場合には、下記を参考に登録しておきましょう。

 

 

 

さて、キーワードプランナーは「Google広告」アカウントに登録することで利用できるようになります。

この登録には広告出稿の手続きが必要になります。ただこれは、設定だけに留めて費用が発生しないようにもできます。

以降の手順に沿って作業すれば大丈夫ですので、まずはキーワードプランナーを無料で使えるように登録を進めて行きましょう。

 

Googleキーワードプランナーにアクセス

まずは下記より「Googleキーワードプランナー」にアクセスしましょう。

 

 

画面右上の[ログイン]、または画面左下の[キーワードプランナーに移動]をクリックします。

 

 

広告の目標を選択

「広告の主な目標は何でしょうか。」という画面に遷移するので、「ウェブサイトでの商品購入や申し込みを増やす」を選択して[次へ]をクリックしましょう。

 

 

ビジネスの説明

「ビジネスの説明」という画面に移ります。

「ビジネスの名前」には、会社名やWEBサイトの名称などを入力します。

「ウェブサイト」には、運営しているサイトのURLを入力しましょう。

 

 

ターゲットとするユーザーの所在地

ここは多分、最初から「特定のエリアを指定」が選択され、「日本」と表示されていると思います。

それを確認して[次へ]をクリックしましょう。

 

 

商品やサービスを指定する

「広告で使用する言語」「日本」を選択。

「お客様の業種」は、ここでは「アドセンス」を選択しました。

これらを選択したら[次へ]をクリックします。

 

 

広告を作成する

「広告を作成する」と表示されて「えっ!?」と思われるかも知れませんが、後で広告費が発生しないように設定するので安心して下さい。

 

「広告見出し1」「広告見出し2」「説明文」を入力しましょう。

「広告のリンク先ページ」では、広告がクリックされた場合にジャンプするページのURLを選択します。

できたら[次へ]をクリックしましょう。

 

 

広告の予算を設定する

広告の予算は、最初は「1円/日」と表示されていると思いますが、おそらく最低額は「197円/日」くらいからの受け付けに設定されています。

なので、ここでは「197円」に設定して、[次へ]をクリックします。

 

 

次の画面では特にすることはないので、下へスクロールして再び[次へ]をクリックします。

 

 

お支払い情報の確認

広告費の支払い情報を入力する画面です。

「請求先の住所の国」には「日本」、「タイムゾーン」には「日本時間」が反映されていると思いますが、確認してみて下さい。

「Google広告の成果向上のためのヒント、云々」というチェック欄がありますが、チェクするしないはお好みで。

 

 

「アカウントの種類」は「個人」と「ビジネス」のいずれかを選択できますが、どちらでも構いません。

「名前と住所」には、ご自分の情報を正しく入力しましょう。

 

 

「お支払いタイプ」は、「自動支払い」で良いでしょう。

「お支払い方法」には、お持ちのクレジットカード情報、またはデビットカード情報を入力します。

入力できたら[送信]をクリックしましょう。

 

 

「すべての設定が完了しました。」と表示されると思います。

ここで[キャンペーンを確認]をクリックして下さい。

 

 

ここから広告費が発生しないように設定して行きます。

 

広告の出稿を止める設定

今回は実際に広告を出稿するつもりはないので、先ほど設定した「キャンペーン」をストップします。

下図のように、緑色の「」の右側に「有効」と表示されているので、その隣の下向きの三角形ボタンをクリックします。

 

 

「キャンペーンを一時停止する」と表示されるので、これをクリックします。

 

 

「一時停止する前に…」という表示が出ますが、構わずに[キャンペーンを一時停止]をクリックしましょう。

 

 

下図のように、先ほどの「有効」が「一時停止」に切り替わればOKです。

 

 

これで広告費が発生することはなくなりました。

続いて、キーワードプランナーを使えるように準備をしましょう。

 

キーワードプランナーを使えるように準備する

画面上部メニューの右側にある「ツール」をクリックして下さい。

 

 

すると、下図のようにプルダウンメニューが表示されるので、その中から[エキスパートモードに切り替える]をクリックします。

 

 

すると下図のような表示が出るので、あらためて[エキスパートモードに切り替える]をクリックします。

 

 

再び、画面上部メニューの右側にある「ツール」をクリックしてプルダウンメニューを表示させると、左端に[キーワードプランナー]が見つかると思います。

 

 

これをクリックして、下図のような画面になれば、キーワードプランナーを使う準備は完了です。

このページをブックマークしておきましょう。

 

 

キーワードプランナーの基本的な使い方

それでは、キーワードプランナーのちょ~基本的な使い方について解説します。

キーワードプランナーにアクセスして、ログインしましょう。

 

 

下図のような画面からキーワードプランナーを操作して行きます。

 

 

キーワードの候補と検索ボリュームを調べる

「新しいキーワードを見つける」をクリックします。

 

 

虫眼鏡アイコンの右側に、狙っているキーワードを入力します。

1語でも良いですし、複合キーワードでも良いです。

2語以上のキーワードを入力する場合には、間にスペースを入れます。

例えば「ブログ 集客」と入力してみると次のようになります。

 

 

[Enter]キーを叩くと下図のような表示になるので、[開始する]をクリックします。

 

 

すると、次のように、検索した「ブログ 集客」とそれに関連する「キーワード候補」がズラッと表示されます。

 

 

検索した「ブログ 集客」の右側には、そのキーワードの需要を測るのに役立つデータが表示されています。

 

 

ブログ運営に置いて主に参考にするのは「月間平均検索ボリューム」「競合性」ですが、その右側の「入札単価(定額帯)」「入札単価(高額帯)」の2つも参考にすることで、集客力や売上効果の高さをイメージできます。

 

 

項目数字の意味
月間平均検索ボリューム1ヶ月に検索される回数の平均値。
競合性そのキーワードで狙っているライバルの多さ。
「高」ほどライバルが多く、それだけ収益が生じやすいキーワードと言える。
入札単価(定額帯)過去にそのキーワードで出された広告の入札単価の内、低い範囲の単価。
高いほど収益が生じやすいキーワードと言える。
入札単価(高額帯)過去にそのキーワードで出された広告の入札単価の内、高い範囲の単価。
やはり高いほど収益が生じやすいキーワードと言える。

 

これらの項目をクリックすることで、キーワード候補の並び順を「月間検索ボリューム」の高い順、「競合性」の高い順、などと替えることができます。

 

「競合性」が「高」だから検索上位に表示され難い、「低」だから上位に表示されやすい、という話ではありません。

上位表示には記事の内容、情報の信頼性、実際のライバルの強さといった様々な要因が絡んできます。

これらをしっかりリサーチできれば、競合性の高いキーワードからも狙い目のキーワードを見つけ出すことはできます。

 

さて・・・

「月間平均検索ボリュームって、随分とザックリだな・・・」

と思われることでしょうね。「1万~10万」なんて言われても範囲が広すぎるので、何となくしかイメージできません。

実はこれ、無料で使う場合には制限がかけられているんです。なので、もっと詳細なデータを知りたい場合には、最低限でも広告費を負担して出稿する必要があるんですね。

 

広告費の負担を最小限に抑えて、月間平均検索ボリュームを詳細に表示させる方法を、下記で解説していますので、良かったら参考にしてみて下さい。

 

 

表示させたいキーワード候補を絞り込む

例えば、「ブログ 集客」で検索した場合に、このキーワードを含むキーワード候補だけを表示したいときには、フィルタを使うことで設定できます。

下図のように「フィルタを追加」をクリックします。

 

 

メニューが表示されるので、「キーワードのテキスト」をクリックします。

 

 

「次を含む」を選択し、「ブログ 集客」と入力して、[適用]をクリックします。

 

 

すると、一覧には「ブログ 集客」を含んだ「キーワード候補」絞って表示されるようになります。

 

 

逆に、含めたくないキーワードがある場合には、

[フィルタを追加]⇒「次を含まない」を選択 ⇒ 含めたくないキーワードを入力 ⇒ [適用]と設定すればOKです。

 

複合キーワードの検索ボリュームを一気に調べる

「Chrome」や「Yahoo!」といったブラウザの検索結果に表示される虫眼鏡キーワードや、「関連キーワード取得ツール」などから抽出される複合キーワードについて、まとめて一気に検索ボリュームをチェックしたい場合に便利な方法があります。

「関連キーワード取得ツール」を例に説明しましょう。

 

「関連キーワード取得ツール」は、Googleサジェスト、Yahoo!知恵袋、教えて!gooから需要のあるキーワードを大量に抽出できる無料ツールです。

ところが、それらの「月間平均検索ボリューム」を確認することができないので、キーワードプランナーと併用するのがおすすめの使い方です。

 

 

まずは、「関連キーワード取得ツール」アクセスします。

 

 

検索したいキーワードを入力して、[取得開始]をクリックします。

 

 

すると、ズラッとキーワードが出て来ますので、「全キーワードリスト(重複除去)」に表示されたものを全部コピーします。

 

 

もし上図のように沢山表示されない場合には、[取得開始]を何回かクリックしてみて下さい。

 

続いてキーワードプランナーのトップから、「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックします。

 

 

次のように表示されるので、枠の中にコピーしたキーワードリストを貼り付けます。

 

 

すると、次のように箇条書きにペーストされるので、[開始する]をクリックします。

 

 

次の画面で、[過去の指標]をクリックします。

 

 

続いて、[月間平均検索ボリューム]をクリックします。

 

 

すると、「関連キーワード取得ツール」のデータと「キーワードプランナー」のデータがミックスされ、沢山の関連キーワードが検索ボリュームの多い順にズラッと表示されます。

 

 

このようにして、ジャンルなりキーワードなりを選定しながら、稼げる特化型ブログを構築するわけですね。

 

以上、キーワードプランナーの登録方法と基本的な使い方についてお伝えしました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。