トレンドブロガーが重視すべき検索エンジン上位表示の傾向

検索エンジン上位表示の傾向

 

こんにちは! わたぼんです。

 

2019年初頭のアップデート以降、グーグルによる検索エンジン上位表示のルールが少しずつ変化、いや強化されて来た印象です。

コンテンツSEOについての詳しい話は置いておいて、ここでは今後の記事投稿で心掛けるべきポイントについてお話しします。

 

2019年現在の検索エンジン上位表示の傾向について

トレンドブログ、こと「NOWネタ」においてアクセスを集めるためには、

  • 話題性のあるネタ選定
  • 検索需要のあるキーワードを適切に配置した記事タイトル(および見出しや本文)

が最重要項目であることは変わりません。

 

ただし今後は、これまで以上にコンテンツ(記事)の中身がより重要視されつつあります。
キーワードに則した情報を網羅し、
その情報の信憑性の裏付け、
自分の意見や世間の意見を絡めたオリジナリティー、
これらが徹底された、内容の濃い記事が評価される傾向です。

 

もし書きたいネタにライバルが多いようなら、上位に陣取っている記事の内容を分析して、どうして上位表示されているのかを考えてみましょう。

その結果、それらの上を行く記事、文章が書けると判断できれば、挑んでみる価値はありそうです。

 

状況によってライバルよりも掘り下げた濃密な記事が書ければ、多少若いブログでも、上位にいるブログを出し抜ける可能性だってあるはずです。

まずは可能な範囲で構いませんから、記事本文の誤字脱字のチェックはもちろん、重複した箇所のない豊富な情報を盛り込んだ文章を心掛けてみて下さい。

「情報」と言うとハードルが高く感じられるかも知れませんが、自分の意見や感想、あるいは話題に関連した体験談なども、読み手にとっては貴重な情報になり得ます。
ふんだんに盛り込んで下さい。
なお、記事本文の組み立ては、まず最初に付けた記事タイトルを元に2つ3つの見出しを考え、それに沿って執筆することで比較的スムーズに運ぶことができると思いますよ。

 

トレンドブログで稼いでいくための私見

「安定ネタ」にはライバルチェックが欠かせません。とくに初期のブログでは・・・。

でも、「NOWネタ」では多少の有利不利はあっても、基本的にスピード&タイミングで既存ブログに対抗できます。

これが、僕が初期のブログで「NOWネタ」を狙うべきだと言う理由です。

 

Googleアドセンスの審査に通過したなら、既にある程度の記事数は投稿されているはずです。言ってみれば、検索競争に参加する資格は取得済みのようなもので、そこに先輩も後輩も関係ありません。

タイミング良く話題になりそうなネタが見つかれば、いち早く記事にして投稿する・・・。

 

確かに、いずれは後から同じキーワードで書いた強いブログに順位を奪われることがあるかもしれません。でも、それまではアクセスを集められるし、爆発も起こせる可能性があります。

もっと言えば、検索エンジンを管理するGoogleからも注目される存在になり得るんです。

これを繰り返し続けていけば、同時期にトレンドブログを始めた人に差をつけることは間違いないでしょう。

 

ライバルチェックの必要性を説く場でこんなことを言ったら誤解されそうですが・・・

僕の思う正直なところは、早々に収益を実感したいのなら、

「初期ブログでは、とにかく『NOWネタ』を速攻で投稿しよう!」

ということです。

 

最初から「安定ネタ」や、特定の分野に特化したネタを狙うことも否定はしませんし、有効な手法だと思います。でも多くの人が収益を実感できないまま挫折していきます・・・。

その理由の最たるものは、「稼げる!」という実感を得られるまで、待ち切れないからです。

「いつになったら稼げるんだろう・・・?」

こんな気持ちに長い間支配されていては、モチベーションを上げろと言っても無理がありますよね。

 

僕はこれからトレンドブログに挑戦する人に、少しでも “稼げる実感” を持ってもらいたいんです。それも極力、早い段階で・・・!

そのために、初期の頃は特に即効性の高い「NOWネタ」に重点を置くべきなんです。

まずは本当にブログで稼げる実感を得ながら、そのノウハウを習得しましょう。

そして、そのノウハウを習得した上で「特化型ブログ」に手を広げたり、あるいは趣味のブログで収益を上げることに利用すれば良いのです。

 

さて、ブログ運営において大切なことはまだまだ続きますので、この後も辛抱して読み進めてくださいね♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。