ブログ開設

特化型ブログのサーバー選びブログ開設

特化型ブログ運営におすすめ!Xサーバーの契約方法を詳しく解説

今回は、初めて特化型ブログを運営するのに最適と思われる「Xサーバー」の契約方法と、ドメインの取得方法、WordPressのインストール方法についてまでご紹介します。1つのアカウントで複数のブログを作ることができる上に、管理システムも分かりやすく整理されているので、使い勝手はとても良いです。

トレンドブログのサーバー選びブログ開設

トレンドブログ運営におすすめ!wpXクラウドサーバーの契約方法を解説

ビジネスとしてブログを運営するためには、無料ブログサービスではなく、独自にサーバーと利用契約をすることが前提になります。ここでは、僕がオススメするサーバーと、その契約方法を説明させて頂きます。ブログを開設する際のサーバー選びには諸説ありますが、最も評価が高いのが「Xサーバー」です。こと、トレンドブログについて言えば、同じ系列の、「wpXクラウド」が定番と言えるでしょう。

ドメインの取得方法ブログ開設

独自ドメインの取得方法とネームサーバーを設定する手順

サーバーとの契約が完了したら、今度はブログの独自ドメインを取得する必要があります。ここでは、独自ドメインの取得方法と、ネームサーバーの設定手順について、「お名前.com」を例に解説しています。設定画面は異なっても、手順についてはいずれのドメイン取得サービス、サーバーでも同様なので、参考にして下さい。

wpXクラウドにWordPressをインストールブログ開設

wpXクラウドのWordPressインストール方法と初期設定を解説

独自のサーバー契約をした後には、CMS(Contents Management System)の1つ「WordPress」というブログ作成用のソフトをインストールします。ここでは、当サイトが推奨するWordPress(ワードプレス)専用サーバー「wpXクラウド」を利用する場合の、WordPressのインストール方法と初期設定について解説して参ります。手順どおりに進めれば簡単ですので、安心して作業して下さい。

おすすめWordPress無料テーマブログ開設

WordPressのおすすめ無料テーマとインストール方法

WordPressを利用するには、専用のテーマ(テンプレート)が必要です。土地と住所と土台が整ったので、これはそこに建てる家のデザインとでも言ったところです。WordPressテーマは、無料で配布されているものから有料のものまで様々です。有料のものは数千円~1万円前後と、そこそこのお値段です。これまで僕が使った中から、良いと思える無料テーマを4つご紹介します。インストールの方法も説明していますので、参考にしてみてください。

WordPressの子テーマブログ開設

WordPressの子テーマとは?その必要性と作成&導入方法を解説

ここでは、WordPressに使用するテーマ(テンプレート)の「子テーマ」を作成する方法をご紹介しています。使用しているテーマのデザインや構造をカスタマイズする場合、元のテーマ(親テーマ)を直で編集すると後々面倒くさい思いをすることがあります。なので、何かしらの変更を加える際には子テーマを編集することが望ましいと言えます。

WordPressプラグインブログ開設

WordPressに導入するべきプラグイン!便利な機能と設定方法を解説

ここでは、主にトレンドブログを運営するにあたってWordPressに取り入れるべきプラグインについて解説しています。ブログを開設する際に最低限これだけは導入しておきたい、というものだけを選びました。お使いのWordPressテーマによっては搭載済みの機能もあるかも知れませんが、特に無料テーマを利用される方は参考にして下さい。

AMPの必要性ブログ開設

AMPとは?SEO効果や収益改善の観点からブログへの導入の是非を検証

今や、Twitter、Facebookといったソーシャルメディアの利用者の7割ほどがスマホをはじめとするモバイルユーザーです。この現状を受け、ユーザーの利便性を追究するGoogleは、モバイルページの表示速度を最適化するべく着手し始めました。既にGoogleアドセンスを利用されている方はご存知だと思いますが、「最適化」の手段としてAMPプラグインの活用をを勧められますよね。

ブログ開設

reCAPTCHAの設置方法!フォームからのスパム受信を抑制する方法

ブログに「お問い合わせ」フォームを設置していると、頻繁にbot(自動化された仕組み)によるスパムコメントが届くようになる場合があります。意味不明な英文の場合が多いのですが、その内容のほとんどは迷惑なセールスレターだったりします。とは言え「お問い合わせ」フォームを削除するわけにも行かないので、これらのスパムを自動的にシャットアウトする策を講じることが求められます。