トレンドブログに画像やYouTube動画を貼り付ける際の注意点とは?

 

こんにちは♪ わたぼんです。

えぇ~、今日は2016年4月26日です。

 

突然ですが、

「わたぼんの、オールナイトニッポン!!」

チャラッチャ、チャッチャラチャ、チャッチャラ・・・♪

 

ってノリでお送りします Σ(゚Д゚;)

 

えぇ~、今日もたくさんのお便りを頂いております♪

ほとんどがトレンドブログの運営についてのご質問ですね。

 

おいら、べつに先生じゃないってのに♪ エヘエヘ♪

ナンカ、ヨロコンデル(ο・д・)(・д・ο)ネー

 
で、多かったのが、トレンドブログに画像やYouTube動画なんかを貼り付ける際の注意点についてのご質問だったんですよ。

 

「画像はどこから持ってくればいいの?」

「トレンドブログに画像って必要なの?」

 

ってのから始まって、

 

「画像を貼るのにルールってあるの?」

「何か気を付けなくちゃならないことは?」

 

って感じのご質問です。

 

で、やっぱり気になっているのは、画像や動画を貼ることによるペナルティーのリスクなんだと思うんですね。

 

でも、細かいルールはGoogle大明神のみぞ知るってところがあるんで、あくまでも規約やガイドラインを読んでみての、おいらの考え方をお伝えすることしかできないんですよ。

 

で、最初に言いたいのは、「画像や動画は積極的に貼りましょう!」ってことです。

 

だって、文字だけのブログ記事じゃ読んでくれる人だって味気ないですもん。

 

とくにYouTube動画なんかの場合には、貼り付けることによって滞在時間を伸ばすっていう効果がありますからね。

 

ガイドラインによれば、ブログへの滞在時間や回遊率ってのも評価の対象になるとされています。

 

あ、回遊率ってのは、読者がブログ内で記事から記事へウロチョロしてくれる割合のことですね。

 

良いブログ、ためになる情報を提供しているブログなら、これらの時間や割合も高いだろうって判断するみたいです。

 

なので、動画や、内部リンクを貼ることはとても有効な手段だと考えられます。

 

さらに言えば、画像や動画の活用については、ガイドラインでも推奨されています。

 

が、しかぁ~し!! ヾ(*`Д´*)ノ"彡

 

「そっかぁ~、いいんだぁ~」って、何でもかんでも安易に貼り付けちゃダメですよ!

 

まず、YouTubeの動画を貼り付ける際には、必ず出どころが"公式"のものに限ります。

 

妙なアカウント名でコピー動画をバンバン掲載している人がいますけど、これらを転用しちゃダメです。

 

CMならメーカーの公式、映画なら配給会社の公式、歌手ならプロダクションとかレーベル公式、売れていないアーティストなら本人名義などなど・・・。

 

貼り付けたい動画が見つかったら、必ず事前にこれらをチェックして下さい。

 

 

で、問題は静止画像です・・・。

 

あまりに多くの画像が出回っているし、周りのブログが使っているからといって、それが認められているわけじゃないってことを理解して下さい。

 

よく、知ったふうなノウハウで、画像の加工をすればOK♪ みたいな何の根拠もないアドバイスを謳っているものを見かけます・・・。

 

画像、とくに芸能人や特定のカメラマンが撮ったものって、必ず著作権や肖像権があるんですよ。

 

新聞や雑誌に掲載されている画像だって例外じゃありません。

 

それにちょっと飾り枠を付けたりしただけでクリアになるような甘いもんじゃないです。

 

そりゃね、多くのトレンドブログが勝手に画像を転載しているのに、のうのうと運営し続けていますよ。

 

でもそれが"イコール問題なし"ってわけじゃないんです!

 

思いっきり抵触しているんです。

 

あと、出典元を明記すればOKって、これまた根拠のないノウハウを広めている輩もいるようです。

 

いくら出典元を明らかにしたところで、オリジナルの所有者が「聞いてない」って言ったら終わりでしょ?って話ですよ。

 

で、当然ながら出てくる質問が、

「じゃ、どうすりゃいいの?」

ってことですよね。

 

おいらが考え得る唯一の答えは、その本人のTwitterかInstagramを埋め込んじゃおうってことです。

 

これらは拡散されることを前提に、本人がネット上にアップしているもの・・・。

 

ってことは、著作権とか意識する必要がないってことですよ。

 

もちろん、誹謗中傷とか営業妨害とか、あからさまに否定するような記事の中に貼り付けちゃダメですよ!?

 

例えば、話題になった人のプロフィール記事を書きたいときに、無闇にネット上から拾った画像を転用するのは、厳密に言ったらダメなんですよ。

 

でも、本人が画像付きでツイートしたものを、Twitter機能を使って埋め込む分には、よほどのことがない限りお咎めはないというわけです。

 

なので、おいらが著名人の記事を書くときに、どうしても本人の画像がほしいときは、真っ先にTwitterとInstagramの有無からチェックしています♪

 

「見つからない場合はどうすればいいの?」

てか?

 

そんな場合は、画像を使いませんっ!!

 

ネタの話題性によっては、タイトルに【画像あり】なんて謳いたくなる場合もあります。

 

でもそんな場合においらは、百歩譲って画像のURLにリンクさせるくらいで勘弁してもらいます。

 

最悪、少なくともブログの記事中に、直接グレーな画像を貼り付けることは避けています。

 

ホントはペナルティーが怖いから、こんなことすらも避けたいってのが正直なところですけどね・・・。

 

ってなわけで、トレンドブログの記事に画像や動画は貼り付けるべきだけど、著作権や肖像権には神経質なくらい注意しなくちゃヤバいよ!って話でした。

 

じゃ、また来週もこの時間にぃ~♪ バイバ~イ!

 

って、このシチュエーションは無理があるので、次回からはもうヤメます!

 

酔いにまかせて、ちょっと調子に乗りすぎたようで、申し訳ございません!!

バカナンジャナイ?(ο・д・)(・д・ο)ネー

 

18 件のコメント

  • こんばんわ。ブログランキングから来たりんこと申します。
    なるほど。著作権や肖像権があるため無闇に画像を貼りつけることもよくないんですね。
    とても勉強になりました!
    ありがとうございました。

  • りんこさん
    ご訪問、ありがとうございます!
    無断転用の画像が氾濫しているから、
    今のところは野放し状態のブログやサイトもありますが、
    Googleがその気になれば・・・って考えるとコワいですよね。
    芸能人の画像なら勝手に使ってもPRになるからイイんじゃない?
    って考える人もいるみたい・・・
    でも、こっちが勝手に決めつけることじゃないですよね・・・。
    違法は違法ですもん^^;

  • こんにちは。
    インスタやツイッターの写真を探してくるという発想は初めてでした。
    グーグルからペナルティをもらわないようにやることが前提ですからね。
    著作権違反などはしたくないです。
    規約に則ったサイトを作成していこうと思います。
    またお邪魔します!

  • yoshihikoさん、こんにちは。
    ご訪問ありがとうございます!
    過去にペナを3回ほど受けたため、かなりナーバスになっております^^;
    そこで考えた苦肉の策って感じですね。
    今後ともよろしくお願いします♪

  • こんにちはー!
    杏奈です(*^^*)
    トレンドの画像ってどうすればいいか迷いますよね~;_;
    テーマにもよりますけど、
    どこまでが良くてどこまでがダメなのか
    ペナルティー食らわないように細心の注意をです(>人<;)
    ではまたきます~(o^^o)

  • あっ! 杏奈さんじゃないですか♪
    ご訪問、ありがとうございます!
    トレンドブログ運営で唯一にして最悪のリスクがペナルティーですもんね・・・。
    3回も食らっていると麻痺してきますけど、
    よく考えたら吹っ飛んだ記事は400記事くらいになるわけで、
    やっぱりもう二度と食らいたくないです (;´Д`)
    またのお越しを心よりお待ちしております♪

  • わたぼんさん
    こんばんは、榎です。
    芸能人の肖像権侵害はとても怖いです。
    前職である芸能人とモメたことがあります。
    ツイッターかインスタグラムは気が付きませんでした。
    ありがとうござます。
    応援完了しました。

  • はじめまして
    ブログランキングからきました。
    著作権の侵害が心配な場合は動画の埋め込みが
    あるんですね。
    参考になりました。
    応援しています!

  • 榎さん
    ご訪問&応援、ありがとうございます♪
    >前職である芸能人とモメたことがあります。
    (; ゚д゚)前職って・・・?気になりますぅ~!
    また遊びに来てくださいね♪

  • ノンタラちゃんさん
    ご訪問&応援、ありがとうございます♪
    >著作権の侵害が心配な場合は動画の埋め込みが
    あるんですね。
    あ、いや、そうではなくてですね、
    静止画像にも動画にも著作権はございまして、
    静止画像を使いたければ本人のTwitterやInstagramを利用すればいいんじゃないの?
    っていうことと、
    動画を使いたければメーカーや本人の「公式」のものを貼り付けましょう!
    っていうことでございます。

  • こんにちは、蒼士です。
    画像や動画って、ルールが分からなかったのですが、これでだいぶわかるようになりました。
    ありがとうございました。
    勉強させてもらいました。
    次回も楽しみにしています。
    応援していきますね。

  • こんにちは!
    ラジオ番組な感じ、おもしろかったです^^
    動画や画像が増えてきましたよね。
    たしかに、使い方には細心の注意が必要ですよね。

  • 蒼士さん
    ご訪問&応援、ありがとうございます!
    ここでご紹介した画像や動画の使い方は、
    あくまでも私の意見なので、
    是非についてはGoogle大明神に確認しないと判然としません・・・。
    残念ながら憶測の域を出ないのが、もどかしいところですね^^;

  • スプーンさん
    いつもご訪問、ありがとうございます♪
    ユーザーの気持ちを考えると、
    画像とか動画ってバンバン貼り付けたくなるんですよね・・・。
    でも、無闇に乱用して自分の首を締める結果になるのはイヤですからね。

  • こんばんわ、ブログランキングからきました、ゆーいちです!
    著作権侵害に触れるような事は、やってはいけないですね。
    ツイッターやインスタグラムなど他のsnsを使う手法があるんですね!
    勉強になりましたので、応援していきますね!

  • ゆーいちさん
    ご訪問&応援、ありがとうございます!
    本人画像ならTwitterやInstagramの貼り付けは問題ないはずなんですが、
    画像によっては抵触するのかなぁ~・・・?
    と、念のため調査中です♪
    本人以外の著作物が写り込んでいる場合もあるんで・・・。
    考え過ぎるとキリがないですけどね^^;

  • またおじゃましました、美衣子です。
    記事にYouTubeの動画を貼り付けるって事をまだやった事がなくて
    でも、興味があって記事を読ませていただきました。
    ちょっとがんばってやってみようかなぁって思いました。
    とても参考になりました。
    ありがとうございます。

  • 美衣子さん
    ご訪問、ありがとうございます♪
    参考になったご様子・・・良かったです♪
    YouTubeの動画の貼り方自体は、
    【共有】⇒【埋め込みコード】でコピー&貼り付け
    と、とても簡単にできるんで、滞在時間を延ばすためにもぜひ!!
    公式、オリジナルの動画に限るってところだけ気をつければ問題ないですよ♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。