Googleアナリティクスの設置方法と使い方!ブログのアクセス分析ツール

 

トレンドブログに限らず、ビジネスとしてブログを運営するなら常にアクセスを分析する必要があります。

 

ただ、僕は、初期段階ではそれほど気にする必要はなく、むしろ記事の投稿にこそ、より意識を傾けてほしいと思ったりします。

 

それに、当ブログで解説している手順に沿って、ワードプレスのプラグイン「Jetpack by WordPress.com」をインストールしておけば、毎日のアクセス状況や推移は把握できますからね。

 

でも人によっては「早い段階からGoogleアナリティクスに慣れておくべきでは?」との意見があるのも事実・・・。

 

なので、最低限活用すべき内容に限定して、解説することにした次第です。

 

そうですね・・・目安としては、1日当たりの平均アクセス数が3000PV以上1カ月のアクセス数が10万PV前後、報酬金額にして月額30,000円以上になるまでは、「Jetpack」のチェックで十分だと思います。

 

それ以上を目指す段階になった際には、Googleアナリティクスを活用して、直帰率の改善や、回遊率の向上のための工夫を考える・・・といった手順で良いと考えます。

 

もっとも、いずれは必ず活用すべきツールですから、知識として覚えておくことは大切ですね。

 

さて、アナリティクスに限らず、Google関連ツールを利用するためには、アカウントを取得しておく必要があります

まだ取得していない方は、まずは、下記よりアカウントを取得しておきましょう。

 

 

 

Googleアナリティクスの設置方法

Googleアナリティクスは、無料で使える高機能WEBアクセス解析ツールです。

利用開始には次の手順を踏んでいただきます。

 

・トラッキングコードの取得
・トラッキングコードの設置

 

お使いのブログサービスによって方法が異なりますが、ここではワードプレスを利用している場合の手順について説明します。

 

あくまでもGoogleアカウントを取得済みであることが前提ですので、事前にアカウントを取得しておいてください。

 

トラッキングコードの取得方法

まずは、下記よりGoogleアナリティクス公式サイトを開いてください。

 

Googleアナリティクス公式サイト

 

analytics1

 

上記画面より右上の「ログイン」をクリックします。

 

analytics2

 

該当するアカウントをクリックします。

※上図は、僕のように複数のアカウントを所有している場合の画面です。
所有アカウントが1つだけの場合は、いきなり下記の画面になるかも・・・。

 

analytics3

 

パスワードを入力して[ログイン]をクリックします。

 

analytics4

 

上図画面の右端から[お申し込み]をクリックします。

 

analytics5

 

上図画面にて、自身のアカウント名、ウェブサイト名、ウェブサイトのURLを入力し、業種を選択して次へ進みます。

 

analytics6

 

上図画面の左上「レポートのタイムゾーン」から「日本」を選択します。

その下の「データ共有設定」では、すべてにチェックを入れておきます。

 

[トラッキングIDを取得]をクリックします。

 

analytics7

 

上図画面にて、「トラッキング情報」項目の「トラッキングコード」をクリックします。

 

analytics8

 

上図のような画面になるので、トラッキングID、トラッキングコードが表示されていることを確認しておきましょう。

 

トラッキングコードの設置方法

前工程で画面を閉じてしまった場合は、下記の手順で開いておきましょう。

Googleアナリティクスにログインします。

 

analytics9

 

上図画面「アナリティクス設定」から、「プロパティ」欄にある「トラッキング情報」をクリックします。

 

analytics10

 

上図画面の「トラッキング情報」項目の「トラッキングコード」をクリックします。

 

 

現在は、左サイドメニューから[設定(歯車のマーク)]をクリックして、「プロパティ」欄でウェブサイト名を確認し、

[トラッキング情報]⇒[トラッキングコード]

と進んで表示させるように変更されています。

 

 

 

表示される「トラッキングID」をコピーしておきましょう。

※ 「コード」とか「ID」とか、呼び方が変わってややこしい・・・

 

この「トラッキングID」を自分のウェブサイト内に記述(コピペ)します。

使用しているテーマによっては専用の記述場所があるので、WordPressのサイドメニューから、

[外観]⇒[カスタマイズ]

等々の順に進んで確認してみてください。

 

当ブログに記載された手順に沿ってワードプレスを設定していただいた方は、すでに「All in One SEO Pack」というプラグインがインストールされていると思いますので、ここではこれを使った記述方法をご紹介します。

 

 

まだの方は、以下の手順に沿ってインストールしてください。

 

  1. ワードプレスにログイン
  2. ダッシュボード左のメニューから「プラグイン」をクリック
  3. 左上の「新規追加」をクリック
  4. 右上の「プラグインの検索」枠内に「All in One SEO Pack」と入力してエンターキーを押す
  5. 「今すぐインストール」⇒「有効化」と進んでインストールを完了させる

 

では先に進みましょう♪

 

analytics11

 

ワードプレスにログインし、ダッシュボードを開きます。

左サイドメニューから「All in One SEO Pack」⇒「一般設定」をクリックします。

 

画面を下にスクロールしていくと、「Google設定」という枠がありますので、その最下部にある「GoogleアナリティクスID:」欄に、「トラッキングID」をコピペしてください。

 

画面最下部までスクロールして[設定を更新]をクリックすれば、

Googleアナリティクスの設置は完了です。

 

Googleアナリティクスの活用方法

Googleアナリティクスにログインして、「すべてのウェブサイトのデータ」をクリックすると表示されるのが下図のような画面です。

 

analytics12

 

これが、「ユーザーのサマリーレポート」と呼ばれるもので、あなたのサイトを訪問したユーザーに関する情報を確認することがでします。

 

また、左サイドメニューの「リアルタイム」項目の下にある「サマリー」をクリックすると、下図のようなまさにリアルタイムのサイト状況を確認することができます。

 

analytics13

 

トレンドブログを運営するにあたり、さしあたって知っておきたいのは次の項目です。

 

  • ユーザー数・・・・・・サイトに訪問したユーザーの数
  • ページビュー数・・・・サイトの中で見られたページ(記事)の延べ数
  • ページ/セッション・・1回の訪問につき何ページ見られたか?
  • 平均セッション時間・・1回訪問につき平均何分滞在しているか?
  • 直帰率・・・・・・・・1ページだけ見て帰ったユーザーの割合
  • 新規セッション率・・・新しく訪問してくれたユーザーの割合>

 

アドセンスブログで気になるのは、やはり「ページビュー(PV)数」でしょうね。

ブログ全体の状況を把握するには、「リアルタイム」よりも「ユーザー」項目の「サマリー」かもしれません。

画面右上の期間をプルダウン項目から設定すれば、1日の状況から週、月などの一定期間の状況まで分析することが可能です。

 

analytics14

 

また、「リアルタイム」サマリーでは、今現在どの記事にアクセスが集まっているか、どのようなキーワードで検索されているかなど、現状把握に役立てることができます。

 

これらのデータを頻繁に分析することで、ユーザーが検索する際にどのようなキーワードを使う傾向があるのか、どのようなジャンルに人気が集まるのかなど、いろいろと研究してみると面白いですね。

 

Googleアナリティクスの活用方法については、ここより遥かに詳しいサイトがネット上にたくさんありますので、ご自身で検索して活用してみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。