2019年Googleアドセンス広告コードの新しい取得方法を解説!

 

こんにちは! わたぼんです。

 

久しぶりにGoogleアドセンスの広告管理画面を開いたところ、広告コードの取得方法が刷新されていました。

以前より整理されていて、分かりやすく直感的に操作できる仕様になったと感じます。

 

とは言え、初めての方にとっては何をどうすれば良いのか戸惑う部分もあると思いますので、ここであらためて広告コードの取得方法について解説してみます。

 

ディスプレイ広告コードの取得方法

ディスプレイ広告は、レクタングルタイプを代表とする最も利用頻度の高いオーソドックスなスタイルの広告です。

下記のような広告タイプですね。

 

 

それでは取得手順を説明して参ります。

Googleアカウントにログインした状態で、Googleアドセンスにアクセスしましょう。

 

トップ画面の左サイドメニューから、[広告]⇒[広告ユニット]と進みます。

 

 

「新しい広告ユニットの作成」の中から、左端の[ディスプレイ広告]をクリックします。

 

 

画面左上の「広告ユニットの名前を入力」欄に、お好きな名称を入力します。

「記事上ディスプレイ」や「記事中レスポンシブ」といった、自分で判別しやすい名前を付けると良いでしょう。

 

 

その下の「ディスプレイ広告のプレビュー」欄では、広告タイプを選ぶことができます。

「スクエア」「横長タイプ」「縦長タイプ」の中からクリックで指定すると下にサンプル広告が表示されるので、どのような形の広告なのかを確認することができます。

 

 

上図は「スクエア」を指定した状態です。

ちなみに「横長タイプ」を指定すると次のような感じです。

 

 

「縦長タイプ」は次のようなイメージです。

 

 

広告タイプを指定したら、画面右側の「広告サイズ」欄で「レスポンシブ」「固定」のどちらかを選びます。

デフォルトで「レスポンシブ」が選択された状態になっていると思いますので、基本的にはそのままで良いでしょう。

 

 

完了したら、画面右下の[作成]ボタンをクリックします。

 

 

作成した広告コードが表示されます。

「HTML」が指定されているのを確認し、これをコピーしてブログの任意の場所に貼り付ければ、自動的に広告が表示されるようになります。

 

 

これで広告コードが取得できました。[完了]をクリックして画面を閉じましょう。

 

なお、レスポンシブ広告はデフォルトで使用すると、必ずしも意図した広告タイプで表示されません。

 

例えば、レクタングルで表示させたいと思っても、状況によっては横長タイプが表示されることもあります。

 

これは、広告コードをカスタマイズすることで修正できますので、気になる方は下記の後半「レスポンシブ広告の表示サイズを指定するカスタマイズ」を参考にしてみて下さい。

 

 

また、新しい広告コード生成ツールでは、同時に「AMP」用のコードも取得できるようになっています。

 

 

AMP対応のサイトを運営している方は、表示されている指示に沿って広告コードを活用して下さい。

 

リンク広告コードの取得方法

続いては、ディスプレイ広告と組み合わせて使うことが多いリンク広告コードの取得方法について説明します。

下記のような広告タイプですね。

 

 

「新しい広告ユニットの作成」の中から、右端の[リンク広告]をクリックします。

 

 

「広告ユニットの名前を入力」欄に任意の判別しやすい名前を入力します。

「リンク広告のプレビュー」欄で、「スクエア」「横長タイプ」のどちらかを指定します。

下図は「スクエア」を選択した状態です。通常はこれを選べば良いでしょう。

 

 

ちなみに「横長タイプ」は次のようなイメージです。

 

 

次に、画面右側の「広告サイズ」欄で「レスポンシブ」「固定」のいずれかを選びます。

これは「レスポンシブ」を選択すれば良いでしょう。

 

 

「広告のスタイル」欄では、広告内のテキストの色背景の色をカスタマイズすることができます。

ご自分のブログのデザイン等に合わせて配色を選ぶと良いと思います。

 

 

設定が完了したら、画面右下の[作成]ボタンをクリックします。

すると「コード生成ツール」画面に移りますので、広告コードをコピーしましょう。

これをブログ内の任意の場所に貼り付けるわけですね。

 

 

広告コードを取得できたら、[完了]をクリックしましょう。

 

生成済みの広告コードを取得する方法

過去に既に生成した広告ユニットのコードを、あらためて取得する方法です。

画面左サイドメニューから、[広告]⇒[広告ユニット]と進みます。

 

 

画面の下に「既存の広告ユニット」という一覧が表示されていますので、その中から該当するものを見つけて、右側の[< >]アイコンをクリックします。

 

 

すると「コード生成ツール」画面に移り、目的の広告コードを取得することができます。

 

以上、新しくなったGoogleアドセンスの広告コード取得方法をご紹介しました。

アドセンス広告の理想的な配置については、下記を参考にしてみて下さい。

 

 

ノウハウ系の記事を書いていると、こうした仕様変更のたびに記事更新しなければならず、正直言って骨が折れます。

でも好きでやってることだし、利用しやすくなる分には文句ないですね^^。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。