WordPressブログのSSL化!混在表示コンテンツの警告への対処方法

 

以前の記事で、「Xサーバー編」「wpXクラウド編」として、

ブログのURLを「http://~」から「https://~」へ変更する、すなわちSSL化する方法についてご紹介しました。

 

 

ところが、「一部のページが安全でない」として、表示にエラーが表れるケースがあることが判明しました。

 

なので、僕がこのブログ「UBL」について施した対処方法をお伝えしたいと思います。

 

 

ブラウザのURL表示に鍵マークがない!

「https://~」への変更が正常にできていれば、ブラウザ上部に表示されるURLの前には鍵マークが付いています。

 

■Firefoxの場合

 

■Chromeの場合

 

しかし、正常に変更できていない場合、「Firefox」では下図のように「安全ではない」ことを意味するマークが表示されます。

 

 

「これではSSL化した意味がない!」ってことで、対処方法を探ってみました。

 

 

エラーの原因を探り出す

まず、「安全ではない」とされる理由、エラーの原因を探り出します。

ここでは、僕が普段使いにしているブラウザ「Firefox」の場合についてお伝えします。

 

「Chrome」を使った方法は、下記サイトに詳しく説明されていますので、参考にしてみてください。

 

 

さて、まずは、ブログのトップ画面を表示させた状態で、キーボードの[F12]キーを押します。

 

画面下部にウィンドウが開くので、[コンソール]を選択します。

 

すると、下図のようにいくつかのエラーメッセージが表示されると思います。

 

※ お借りした上図では英語表記ですが、実際には日本語で表記されています。

 

で、ブラウザの新しいタブを開いて、これらに書かれたURLをコピペしてみます。

すると、問題になっている画像などが表示されると思います。

 

僕の場合は、ブログのタイトルロゴ背景画像が問題の対象となっていました。

これらは、WordPressテーマの機能を利用して設定した画像です。

 

どうやら画像URLが「http://~」だった頃にアップロードしたものが、そのままの状態で残ってしまっていたのを指摘されたようです。

 

確認してみると、WordPressの「メディアライブラリー」に保存された対象の画像URLは、すでに自動で「https://~」に変換されていました。

 

なので、このブログのテーマストークのカスタマイズ画面で、これらの画像をあらためて指定することで問題は解決されるはず・・・。

 

はい、ビンゴ♪

 

 

ところが、1つだけ、下記のような警告メッセージだけが残っていたんです。

 

安全なページ上で (安全でない) 混在表示コンテンツ “http://watabonslab.com/wp-content/plugins/enhanced-categories/images/leaf.gif” を読み込んでいます[詳細] jquery.min.js:3:7276

 

 

原因はプラグインだった!

URLをコピペしてブラウザで確認すると、すんごく小さな、何かのポイントに使われるような画像でした。

そんなもの使った覚えがなかったんで悩みました・・・。

 

で、指摘されたURLにある「enhanced-categories」というのをググってみると、カテゴリーをツリー化するプラグイン『Enhanced Categories』のことだと判明!

 

すぐさまWordPressの「インストール済みプラグイン」をチェックすると、あったんですよ、これが。

使ってたんですね、忘れてたけど・・・。

 

そこで、さっそくこれを「停止」して、カテゴリー表示も修正しました。

 

そしてブログのトップ画面を表示させてみたら、

 

やったー♪ URLの横に、しっかり緑色の鍵マークが表示されるようになりました!

 

 

WordPressのファイル内のURL(画像もリンクも含めて)は、自動的に「https://~」に書き換えられるようです。

 

なので、エラーの原因の多くは、

■使っているテーマ独自の機能

■インストールして有効化しているプラグイン

の、いずれかにあると思われます。

 

緑の鍵マークが出なかったら、慌てずにじっくり原因を探ってみてくださいね♪

 

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。