ブログをhttpsにする方法!WordPressのSSL化の手順【Xサーバー編】

 

先日、Googleアドセンスにアクセスしてみたら、

次のような「お知らせ」が届いていました。

 

 

「http://」から始まるURLを「https://」に変更・・・

つまり、SSL化して、サイトの安全性を高めましょうって言うんですね。

 

「あ~、ずっと前に設定しようと思って忘れてたわぁ」

なんて思いながらこのお知らせを見ていたら、気になる一文に目が止まりました。

 

「Google検索結果におけるサイトのランクが向上します。」

 

おっと、これはブロガーにとっては捨て置けない話でありますよ♪

ならばとっとと設定を完了せねば!!

 

ってことで、運営するサイトのSSL化に乗り出したわけであります。

 

今回は、このブログ「UBL」を現在のURLに変更した手順についてご紹介しようと思います。

サーバーは「Xサーバー」であります。

 

けっこう面倒くさそうですが、こんな僕にも出来たので大丈夫ですよ♪

 

作業にあたっては、「寝ログ」さんの次の記事を参考にさせていただきました♪

m(_ _)m

 

 

 

また、「wpXクラウド」サーバーについての設定方法は、下記の記事でご紹介しております♪

よろしければ参考にしてみてください♪

 

 

 

まずはWordPressデータのバックアップ

WordPressに大きな修正やメンテナンスを施す際には、必ずバックアップを取っておきましょう。

 

今回は「BackWPup」というプラグインを使って簡単にやっつけますよ♪

 

 

このプラグインをインストール&有効化すると、WordPress管理画面の左サイドメニューに「BackWPup」が表示されるようになります。

 

なんだかゴチャゴチャしていますが、無視して進みますよ♪

 

ここから[ダッシュボード]をクリックしてください。

 

 

 

次画面の中ほどに「1クリックバックアップ」と書かれた下図のようなボタンがあります。

 

この[データベースのバックアップをダウンロード]をクリックします。

 

 

 

すると、データベースの名前のSQLファイルがダウンロードされますので、これをパソコン上に保存しておいてください。

 

これでバックアップは完了です♪

 

 

「Xサーバー」設定の手順

ではでは、「Xサーバー」の「サーバーパネル」にログインしてください。

 

■画面右側にある[SSL設定]をクリックします。

 

 

 

■次の画面で、設定したいブログのドメイン名の横にある[選択する]をクリックします。

 

 

■下図のように表示されるので、[独自SSL設定の追加]をクリックしましょう。

 

 

■念のため、ドメイン名に間違いがないかチェックして、

右下の[独自SSL設定を追加する(確定)]をクリックします。

 

「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」のチェック欄はノーチェックでOKです。

 

 

 

■すると、いったんは下図のような画面になり・・・

 

 

■下図のような画面になって、自動SSL設定の追加が完了します。

 

 

[SSL設定の一覧]をクリックしてみると、設定したブログの新しいURLが表示されているのが確認できます。

 

 

 

「https://~」になったブログへのアクセスは、数十分~1時間程度の間、できなくなります。

アクセスを試みると、しばらくは下図のような表示が表れますが、問題ないので、ここは気長に待っていましょうね♪

 

ブラウザが「Firefox」の場合の表示がこちら。

 

 

ブラウザが「Chrome」の場合の表示がこちら。

 

 

ブラウザが「Edge」の場合の表示がこちら。

 

 

僕の場合は、お昼ごはんを食べている間に、正常に表示されるようになりました♪

 

 

内部リンクの一括変換

しばらく待って、ブログへのアクセスができるようになったら、

WordPress内のすべてのリンク(画像やら内部リンクやら)を「https://~」に一括変換します。

 

この作業には「Search Regex」というプラグインを使います。

 

[プラグイン][新規追加]から、下図のように検索窓に「Search Regex」と入力します。

 

 

 

「Search Regex」が左上に表示されると思いますので、[今すぐインストール]をクリックします。

 

 

■続いて[有効化]をクリックします。

 

 

 

[ツール]「Search Regex」と進みます。

 

 

 

■下図のような画面になるので、

「Search pattern」に「http://~」から始まる旧URLを入力します。

「Replace pattern」に「https://~」から始まる新URLを入力します。

 

 

 

■入力したら[Replace]ボタンをクリックします。

 

 

 

■すると、下図のように、リンクの置き換えリストが表示されるようなんですが、僕のこのブログの場合には表示されませんでした。

 

出典:nelog.jp

 

 

 

■ワードプレス内を調べてみると、内部リンクや画像URLは、自動的に「https://~」表記に変換されていました。

 

でもせっかくなので、[Replace & Save]をクリックして、このプラグインを使った設定も完了させておきました。

 

 

 

もしかしたら、現在ではこの作業は必要ないのかもしれませんが、参考にさせていただいた「寝ログ」さんに書かれていたので、念のためご紹介しておきました。

 

 

.htaccessの編集

再び「Xサーバー」「サーバーパネル」に戻って、「.hataccess」の編集をします。

 

これをすることで、「http://~」に来たアクセスも、

「https://~」へリダイレクト(転送)してくれるようになります。

 

すべてのページの転送作業を一括で済ませてくれる・・・そんなイメージです。

 

こうやってリダイレクトさせることによって、

「http://~」への検索エンジンの評価も、「https://~」URLに引き継がせることができます。

 

 

■「サーバーパネル」サイドメニューから[.hataccess編集]をクリックします。

続いて、設定したいブログのドメイン名の[選択する]をクリックします。

 

 

 

■次画面で[.hataccess編集]をクリックすると、「.hataccess」に記述された内容が表示されます。

 

 

■表示された内容(上図の赤枠の中)は、次のように記述されていると思います。

 

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ – [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

# END WordPress

 

■この記述の上部に、下記の記述を追記します。

 

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

 

■僕はここがイマイチよく分からなかったのですが、

下記のように追記したら上手くいきました♪

 

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ – [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

# END WordPress

 

■実際の画面は下図のようになりますね。

そしたら、右下の[.htaccessを編集する(確認)]をクリックします。

 

 

 

もしこれで上手く行かない場合には、下記のような記述で試してみて下さい。

 

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ – [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

# END WordPress

 

 

■問題なければ(ないと思いますが・・・)[.htaccessを編集する(確定)]をクリックします。

 

 

■下図のように表示されれば完了です♪

 

 

 

WordPress設定の修正

今度は、WordPress内の記述を修正しますよ。

 

[設定][一般]から、「一般設定」画面に行くと、下図のようなURLの記述がありますよね。

 

 

■この記述の「http」の部分を「https」に書き換えるだけです。

 

 

※ ブログが正常に表示される前にイジると、ちょっとややこしいことになるんで要注意です。

 

 

Googleアナリティクスの修正とSearch Consoleへの追加

では最後に、「Googleアナリティクス」「Search Console」の作業をして完了させましょう♪

 

Google Analytics

アクセスしたら、修正するブログを指定します。

 

<ステップ1>

■画面左下の歯車の形をした[管理]マークをクリックします。

■次ページ真ん中の[プロパティ設定]をクリックします。

■さらに次ページの「デフォルトのURL」プルダウンから、「https://」を選択します。

■ページ下部にある[保存]をクリックします。

 

<ステップ2>

■画面左下の歯車の形をした[管理]マークをクリックします。

■次ページ右側にある「ビュー設定]をクリックします。

■さらに次ページの「ウェブサイトのURL」プルダウンから、「https://」を選択します。

■ページ下部にある[保存]をクリックして完了です。

 

Google Search Console

この作業はどうしようか迷ったのですが、「寝ログ」さんの記事に則って、「http://~」時代の登録をそのまま残した状態で、今回の「https://~」となったブログを新たに登録することにしました。

なので、僕の「Search Console」には、このブログが2つ表示されるようになっています。

 

■トップページ右上の[プロパティを追加]をクリックします。

■SSL化したブログを追加登録します。

■「所有権の確認」もあらためて行う必要があります。

 

所有権の確認は、HTMLコードを、

WordPressテーマの「header.php」内の「head~head/」タグ内にコピペする方法で大丈夫でした。

 

 

さあ、以上でSSL化が完了したわけでありますが、この先アクセスがどのように変化するのか、じっくり気長に観察していきたいと思います♪

 

また何か気づいたことがあったら記事にしていきますよ♪

 

あ、あと、「混在表示コンテンツ」の警告が出て、ブラウザ上部のURLに「https://」に対応した形跡が表示されない場合、次の記事も参考にしてみてください!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。